さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2006年03月29日

また頑張ろう。

帰りの飛行機は、バンクーバーを出発する前に、機体に不備があり応急処置を行うため、少し遅れるとか。いやいや、応急処置と言わず、しっかり治してほしい。

1時間遅れで離陸したが、本当に良く揺れた。

関空近くに来てからは、とくに激しく揺れ、泣き出した子供がいたほどだった。私も、怖かった。  続きを読む

Posted by うさぎ at 22:20Comments(10)遊び

2006年03月28日

帰ろう。

朝6時にホテルのロビーに集合し、イエローナイフ空港へ。そして、エドモントン空港、バンクーバー空港を経て、日本に帰る。

早く帰りたい。早くみのりに会いたい。早く美味しいご飯が食べたい。

帰りたいと思う場所があるありがたみを思い知るのも、旅行の醍醐味なのかもしれないな。  

Posted by うさぎ at 23:50Comments(1)遊び

2006年03月27日

セスナ。

いよいよ、最終日。明日の朝には、帰国の途につく。

今日の予定は、朝から、カリブー鑑賞。セスナで、野生のカリブーやバッファローを探しに行く。この飛行機嫌いが、何にチャレンジしているんだか。何か自棄になっているのだろうか。

060327-1.jpg
4人も乗ればギューギューのセスナだ。  続きを読む

Posted by うさぎ at 23:01Comments(2)遊び

2006年03月26日

アクティビティー。

昨日の夜は、オーロラ鑑賞が終わる時間が早かったので、4時くらいには眠れた。乾燥を防ぐためにも、毎晩、洗濯物を干してから寝るのだが、目覚めるころには、すっかり乾いていることに驚く。

今日は、午後から犬ぞりとスノーモービルの予定。とにかく、腹ごしらえをしようと、お店を探すが、どこも開いていない。いくら日曜日と言ったって、これは無いだろ!と思うほど、営業時間が短いか休み。

やっとの思いで、怪しげなコンビニを見つけて、そこでホットドッグを食べた。これも、美味しくない。  続きを読む

Posted by うさぎ at 23:42Comments(0)遊び

2006年03月25日

市内観光。

長旅の疲れと、オーロラを見た興奮で、なかなか眠れず、午前中はぐっすり。

ツアーのクーポンで、カリブー(トナカイ)ラザニアのブランチ。
060325-1.jpg

昨日、今日、明日の3日間は、イエローナイフの町をあげて、カリブーカーニバルが開催されている。3ドルで売っているバッジを付けずに会場に入ると、特設の牢獄に入れられるらしい。牢獄にも入ってみたかったが、市内観光の予定が入っていたので、3ドルのバッジを購入。  続きを読む

Posted by うさぎ at 23:55Comments(0)遊び

2006年03月25日

クイズの正解は・・・。

※3月24日分として、読んで下さい。

今年の確定申告が終わったら、父と沖縄に行く予定だった。沖縄へ行ったことがない父を、連れて行ってあげたいと思っていた。そして、開港間もない神戸空港から飛び立ってみたかった。

ところが、行き先が急に、それも正反対の方向へ変更になった。

今回の旅行のきっかけは、お酒の席での、こんな話しだった。  続きを読む

Posted by うさぎ at 23:16Comments(2)遊び

2006年03月25日

最後のヒント。

みのりのためなら、すぐに帰る覚悟は持っていますが、実際は最速でも12時間以上かかります。  

Posted by うさぎ at 04:47Comments(22)

2006年03月25日

ここは。

皆さんの答えからは、とても離れています。この空港は9度でした。  

Posted by うさぎ at 04:25Comments(2)

2006年03月24日

突然ですが・・・。

昨日から甲子園では、センバツが始まった。

普段なら、2個の目覚まし時計を駆使しなければ起きられない春の朝、今日は、1つ目の目覚まし時計で起きた。

やっと掃除と洗濯が終わった。
ん?なんで?こんな時間に?今日は平日よ。仕事でしょ?と言われてしまうかな。

年頭には「仕事と勉強を優先するので、遊びは控える」とか「治療に専念する」と書いていたのに、実は、今日から旅に出る。  続きを読む

Posted by うさぎ at 09:42Comments(12)

2006年03月23日

さくら。

福山雅治「桜坂」、中島美嘉「桜色舞うころ」、河口恭吾「桜」、森山直太朗「さくら(独唱)」・・・うーんと古いところでは、松田聖子「チェリーブロッサム」。

この季節の美しさ、この花のイメージを歌った歌が、たぶんもっとある。  続きを読む

Posted by うさぎ at 22:27Comments(6)日常