さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2007年10月01日

13年。



今日10月1日は、母の命日である。
平成6年10月1日に亡くなった。  続きを読む

Posted by うさぎ at 21:56Comments(14)家族

2007年08月26日

赤いビニールプール。



今朝、みのりのお散歩に付き合っていると、また、このコに出会った。最近、よく見かけるこのコ。

どこのコなのかな?あまり、キレイにしてもらっていないみたいだ。ひょっとして、野良ちゃんなのか?そんなことを考えながら、写真を撮っていたら、みのりのあとを追って、我が家へ入り込もうとしていた。みのりに怒られて、追い返される。残念だけど、みのりと仲良しさんじゃないと、家には入れてあげられないな。  続きを読む

Posted by うさぎ at 13:28Comments(12)家族

2007年08月05日

激安居酒屋で。

昨年から、友人と飲むときに利用するようになったお店がある。オシャレなお店では無い。「労働者の味方」のようなお店。とにかく、めちゃくちゃ安くて、美味しくて、量も多め。一人2000円もあれば、たらふく飲んで、食べられる。いわば、「激安居酒屋」だ。



昨日の夕方は、「オーシャンズ13」の先行上映を観に六甲アイランドへ。  続きを読む

Posted by うさぎ at 07:21Comments(10)家族

2007年06月09日

健康診断!?

目覚めてしばらくは、晴れていた。掃除・洗濯を片付けたころに、空が暗くなってきた。

こういう悪天候の日に連行するのは、かわいそうだけど・・・。すやすやと眠っているみのりの首根っこを捕まえて、キャリーバッグへ詰め込む。

毎年6月は、みのりのワクチンと健康診断。

今日は、初めて行く病院なので、私も緊張する。  続きを読む

Posted by うさぎ at 18:50Comments(6)家族

2007年05月23日

後頭部。



お気に入りの座布団の上で、なにやら、もの思いにふけっているみのり。

いや、もの思いにふけっているふりだけかな。

なんにも考えていないかも。

  続きを読む

Posted by うさぎ at 21:18Comments(12)家族

2006年12月21日

忘年会。

昨日は、我が家の忘年会。

父と二人だけでは、とても寂しいので、それぞれ友人を一人ずつ招いて、合計四人でのお食事会。

中華が大好きな父の希望で、神戸の「中国酒家」へ行ってきた。  続きを読む

Posted by うさぎ at 20:53Comments(12)家族

2006年12月16日

埋め合わせ。

いつも、ほとんどひとりぽっち。たまに相手をしてくれるのは、大嫌いなじじんちゃん。夜遅くに帰ってくる私は、疲れ果てている。

気をひくために暴れてみても、無視されるか、怒られるか。寒くなってからは、散歩の時間も短め。

べったりくっつける時間は、寝ている間だけ。だから、ほんの少しでも隙があれば、私の顔をなめてくれる。しかし、長く続くと痛いので、私は寝返り。

ごめんね。優しくしてあげられなくて。ずっと一緒にいてあげられなくて。寂しいよね。ごめんね。  続きを読む

Posted by うさぎ at 13:45Comments(12)家族

2006年11月24日

ひっくり返ったまま。

今日は、伯母と食事会。
仕事を終わらせて、大急ぎで駆けつけたけど、7時半だった。
おなかすいたよね。待ちくたびれたでしょ。ごめんね。
  続きを読む

Posted by うさぎ at 23:37Comments(8)家族

2006年11月16日

待ちわびて。

そのコと初めて会ったとき、そのコの尻尾は、すでになかった。尻尾の骨が、根元から折れて、尻尾が立てられなくなっていたらしい。だから、うんこさんが、全て尻尾にくっついてしまう。汚い。

動物病院へ連れて行くと、即、手術。不衛生が原因で、病気を引き起こすかもしれないので、尻尾を切断したそうだ。栄養失調でやせ細り、毛艶も悪く、瀕死の状態だった。

そのコの名前は、ふじこ。  続きを読む

Posted by うさぎ at 21:32Comments(16)家族

2006年10月01日

年月の流れ。

061001.jpg

今日は、母の13回忌。

父の協力も得て、なんとか、無事に終えることができた。

久しぶりに会った伯父の印象が違って、ビックリした。数年前までは、いつも険しい顔をして、出てくる言葉は、厳しい言葉が多かった。

その伯父が、迎えに出た私を見つけて、満面の笑顔。読経の間は、以前の伯父の表情だったが、それ以外は、終始にこやかだった。

曾孫ができただけでは無い、何かが違う。伯父の笑顔に、年月の流れを思う。  続きを読む

Posted by うさぎ at 16:43Comments(6)家族