さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2006年10月29日

愛国?憂国?

昨日の夜は、神戸で焼肉。「三宮」の少し東側に「二宮」と言う地名があり、その二宮にある、肉料理の名店「鶴参」へ行った。

美味しいお肉の写真を、せっかく撮って来たのに「うさぎのえさ」にアップする気力がない。先週のお店の写真もアップしたいのに・・・。こうして、写真だけがパソコンの中にたまっていく。どうしよう。
毎週日曜日のお楽しみ「たかじんのそこまで言って委員会」を見ながら、休日の午後を過ごした。

「愛国心を教育すべきか?」のテーマで、ゲストが意見を述べていた。

その中での、金美齢さんの話し。「郷里を愛し、自分の種族を愛し、学校を愛し、家族を愛し、その先に愛国心が生まれる。日本と言う国がなくなったら、今のこの幸せが保証されると思いますか?」と・・・正確ではないが、ニュアンス的には、こういう感じだったと思う。

一時は、旅券を剥奪され国籍を失った金さんだが、今では3世代11人で暮らしている。金さんご夫婦だけが台湾国籍で、子供さんは二十歳の時に日本国籍を選んだらしい。寛容にも、自分たち夫婦を受け入れてくれた日本を愛している。もちろん、生まれて育った台湾も愛している。どこで生きていくか?暮らしていくか?と、それを選ぶのは自分自身であるという気持ちが大切なのだとか。

しかし、田嶋陽子さんは、黙っちゃいない。(笑)ご自分のご友人のお話しを引き合いに出して対抗していたが、金美齢さんのお話しほどの説得力は無い。

番組では、三宅先生が「田嶋さん、今回は金さんの勝ちだよ。」と言って、会場の笑いを誘っていたが、テレビの前の私は、なぜか泣いていた。

志が高いがために不遇な思いを重ねていらした金美齢さんのお話しの衝撃に、涙が止まらなかった。今の自分の幸せを思い知る言葉だった。ごらんになっていたかたが、いらっしゃるだろうか?

私が尊敬の念を抱く女性としては、緒方貞子さんと中山恭子さんのツートップだったが、近々、金美齢さんも追加することになるかもしれない。

さて、同じテーマでは、勝谷さんが「愛国心など、教育するものではない。教育しなければ、持てないのなら、そんな国民はいらない。」「愛国心、愛国心と声高に言うヤツに限って、なにも考えてない。自分は、憂国心だ。」と言っていた。これまたいい加減な記憶なので、ニュアンスとしてだが。

愛国心と憂国心のはっきりした違いは、私には、わからない。だけど、愛国心の教育が必要なのは、子供だけじゃないと思うんだよな。



※「愛こたつ心」が、芽生え始めたみのりです。こたつと愛を語らっているのに、じゃましないでよ!と怒っているのかな?ううっ!中の毛布が、あなたの重みでズレてきているのよ・・・。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(日常)の記事画像
最後くらい。
週末の楽しみ。
反動。
気分転換のあとは。
もう少し!
昨夜から。
同じカテゴリー(日常)の記事
 最後くらい。 (2007-11-11 17:08)
 週末の楽しみ。 (2007-11-10 17:46)
 反動。 (2007-11-08 19:27)
 気分転換のあとは。 (2007-11-04 16:31)
 もう少し! (2007-10-30 18:34)
 昨夜から。 (2007-10-27 16:57)
この記事へのコメント
鶴参いいですよねぇ~~。
私も、そろそろ行きたいなぁ~と、思っていたところです。

金さんの、台湾にかける思いは本当に、すごい。
すごいなぁ~と、感じたことがあります。
今日は、見ていなかったので、残念です。
良いお話だったようですよね。
Posted by ふくむすめ at 2006年10月29日 21:49
うさぎさんが美味しく楽しく食べたのなら、それでOKなんじゃないかしら?upしなければいけない、なんて思ってたら本を読んだ後の読書感想文みたいです(笑)
載せたい、と言う気持ちになったら載せてください。それでじゅうぶんですよ。
金美齢さんは熱い人ですね。その番組は西の方しか放映してないので観られませんが、彼女は好きですよ。
うさぎさん、あのね、日本は台湾にも韓国にも、ぴったり同じことをしたのですよ。統治時代の話しですが。
終戦後の態度の違いは、そのままお国柄の違いなんだろうなと、ねじっこは思っています。
Posted by ねじっこ at 2006年10月30日 16:58
こんばんは。
自分の国のことをよく知ること、これは大切だと思います。
イヤな部分もひっくるめて、愛することができれば、これから何かを変えていく力にもなるかもしれないと思ったり。 
みのりちゃん、こたつさんと愛を語らっているのですか?
うさぎさんと愛を語らってくださいよ~(笑)
Posted by ことり at 2006年10月30日 20:07
☆ふくむすめさんへ
こんばんは♪
「鶴参」は、焼肉っぽくないから、良いですよね~♪ まあ!また同じ行動をとるところだったのですね!?(笑)

昨日は、ごらんになっていなかったのですね。平和ボケの私には、「平和」を顧みる良い機会になりましたよ~☆
Posted by うさぎ at 2006年10月30日 20:35
☆ねじっこさんへ
こんばんは♪
そうですね。アップしたくなったら、まとめてアップしようと思います(^▽^)/

この番組は、関東地域だけが、放送エリアではないようです。関東すなわち首都圏に放送されると、言いたいことが言えなくなるそうですよ~(笑)

私の友人のお母さまは、大戦中、両親の疎開先の台湾で生まれたそうです。庭には、スターフルーツや、マンゴーの木があって、召使のおじさんに肩車をしてもらって、その実をとって、食べたそうです。終戦で、中国の領土になるので、追われるように台湾をあとにしたのですが、その召使の人や、ご近所の方が、泣きながら、車を追いかけてきて、別れを惜しんだそうです。日本に帰ってきて、台湾のように豊かな生活ができなくなったとき、「ああ、子供のくせに、大の大人をあごで使って、肩車させたりしたから、バチが当たったんだと思って、心の中で詫びていたのよ。」とか。友人のお母さまは、お体が不自由で旅行にも、なかなか行けませんが、お母さまの妹さんは、今でも台湾に行くと、そのご家族が迎えてくれるそうです。

長々と書いたわりには、何が言いたいのか、わからなくなりました(^^;) アジアは、国や政治レベルでは、難しい問題が山積です。でも、国民レベルでは、心で繋がっていることがあるのですね。

台湾に行ってみたくなりました(^-^)
Posted by うさぎ at 2006年10月30日 20:52
☆ことりさんへ
こんばんは♪
そうなんです。良いことでも、悪いことでも、まず「本当のこと」を知りたいですよね。自分の国が、どんな国なのか?どういう歴史のもとに、今があるのか?知りたいです☆

みのりね、私よりも、こたつの方が好きみたいですよ(T.T) ホットカーペットの電源を切ると、私の方が好きみたいです(笑) 

ぴろ君の寒さ対策は、バッチリですか?
Posted by うさぎ at 2006年10月30日 20:56
愛国心か~。あたしにゃ~にゃいにゃ~。
月はイタリアが好き。ごめんm(_ _)m
みのりちゃん、かあいい~。
重いのね、どいてあげて、今度は反対側へ、もたれてよ~。
Posted by お月さま at 2006年10月31日 10:32
こんばんは♪
私自身に愛国心・憂国心があるかと聞かれたらどうだろうなあって思いました。
どちらもなんともいえない状態かしら。
自分の事で精一杯で。
こういう奴が多いから国がダメになっていくのだろうとは思うけど(恥)

うさぎさんがアップしたい時にアップされてもいいのでは?と思いますよ♪
義務じゃないですもん♪
なんならそのうちの1枚だけを日記のトップに載せるだけでも十分かも~ですよ♪
とりあえず、美味そう~♪ってのはわかるから(^^)
みのりちゃん、可愛いですね♪
コタツ虫になってますな?(笑)
お布団のズレ、直せましたか?(^^)
Posted by 家主です。 at 2006年10月31日 18:25
☆お月さまへ
こんばんは♪
あらぁ・・・愛国心がありませんか?残念です。
何かの試合で、日本VSイタリアだったら、イタリアを応援なさるのかな? 私は、どんな負け試合でも、日本を応援しますよ(笑)

みのりを、かわいいと言って下さって、ありがとうございます<(_ _)> そうですよね。座る場所を、交互に変えてくれると良いんですよね♪
Posted by うさぎ at 2006年10月31日 22:09
☆家主さんへ
こんばんは♪
「どちらもなんともいえない」って、おっしゃるかたほど、母国への熱い想いを持ってらしたりするのかもしれませんよ(*^m^*)

そっかぁ!1枚だけをブログにアップすれば良いのですね?・・・でもねぇ、1枚で勝負できないカメラの腕前・・・(笑) 1枚で伝わるように、頑張ってみますね♪

省スペースのこたつ布団の中の毛布って、こういうふうになっているものらしいです。みのりじゃなくても、少しの重みで、ズレてしまうそうです。なんだか、ちょっとだらしなく見えますよね(^^;)
Posted by うさぎ at 2006年10月31日 22:16
うちの父兄にブラジルの人が沢山います。
彼らはとても自分の国に対してのプライドを持っています。
そのプライドこそが愛国心なのでしょうね。
私も難しいことはわかりませんが、戦争も経験していない私・・確かに平和ボケしていて
愛国心の言葉さえ忘れてきているのかもしれません。
Posted by nonkoge at 2006年11月01日 00:13
☆nonkogeさんへ
こんばんは♪
nonkogeさんだけでなく、私も戦争は経験していませんよ。念のため(笑) 

でも、戦争を経験した人だけが、愛国心を持っているのでしょうか?そうではないと思います。年齢や性別、経験や学歴も職歴も、国籍や目の色、髪の色も、何も、愛国心には、関係ありませんよ。母国を想う気持ちがあれば、愛国心なんだと思います。

自分の国を想う気持ちが、プライドと言う形で表現できるのなら、本当に素晴らしいことだと思います(^-^)
Posted by うさぎ at 2006年11月01日 21:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
愛国?憂国?
    コメント(12)